眼とコンタクトレンズ

慣れてくると徐々に、どうしてもコンタクトレンズの扱いが雑になってしまい、目のトラブルが増えてしまいます。特に使い捨てのコンタクトレンズが要注意かもしれません。使用期限を超過した状態で使用し続けたり、レンズを装着したまま眠ってしまったり、さまざまトラブルの原因は考えられます。最初のころの慎重さを忘れないでレンズを利用してください。
かかりやすい眼科疾患のひとつである結膜炎の伝染を予防する方法ですが、まずコンタクトをちゃんと洗浄していつも清潔に保っておくことです。それから感染者と同じ目薬を共有しないことも大切です。ところで、アレルギーによる生じる結膜炎は一度治っても体質によってはまた発生する場合がみられるようです。

万が一コンタクトを付けて眼球の充血などトラブルが出るようなら、眼科医にすぐ足を運んだ方がいいと思います。コンタクトアレルギーの疑念があるので、詳しくチェックしないと事態は悪化するばかりです。アレルギーがあれば、その症状を抑えてくれる薬を処方してもらってください。
まったく見えなくなってしまう前段階の症状としては、視野がせまく感じたり、普段より情景が黒っぽく見えたり、すごくまぶしく感じたりするようです。そういった状態にも増して瞳に異変が伴いだしたら、すぐに眼科に行きましょう。さもないと後から重大な事態になってしまいかねません。
一部ですがコンタクトにアレルギー反応を持っている方も存在します。コンタクトを付けると、眼球が血走り、まぶたの内側の部分に粒のような炎症が出てしまう症状です。コンタクトアレルギーの方は思い切って眼鏡に戻した方がいいです。当然眼科医の下に行くと目薬を都合してくれますが、体そのものには負担になります。

瞳の乾燥は、コンタクトを着けることも一因してなります。コンタクトレンズのタイプは、ハードレンズと比較してソフトレンズを装着した方がドライアイになる確立が高くなります。その理由は、ハードレンズに比べてソフトレンズを装着した方が瞳の表面にある水分が蒸発する量が増加するためです。
アレルギー反応があるなど、コンタクトレンズが目に合っていない方は、コンタクトの装着を辞めた方がいいと言えます。何らかの事情で眼鏡がNGな場合は、アレルギーを沈静させる目薬などで上手にやり過ごすしか手はありません。ただし目には負荷が掛かるため、注意して利用してください。
目は息をしています。なので、瞳にコンタクトを乗せるという行為によって目は呼吸することができなくなってしまうということになります。なので、酸素透過率というものさしを設けてコンタクトレンズの特性を考慮しようというわけなのです。