はじめにステッカー製作はどんなときに必要かを解説します

一般的に、ステッカーとシールの違いは、耐久性の高さであるとされることが多いです。ステッカーは、防水性や対候性が高く、屋外で使用しても、ある程度持ちます。シールは、材料が紙であることが多く、主に屋内で使用することが想定されています。屋内で使用する場合でも、摩擦が生じやすかったり、水回りで使用したりする場合は、ステッカーが選ばれるでしょう。紫外線や風雨、頻繁な摩擦にさらされそうな場合は、ステッカーが向いています。ステッカーの材料は、フィルムであることが大半です。粘着力も強く、一度貼ったらなかなか剥がれません。そのため、販促ツールとして利用すると高い効果が期待できます。ただ、ステッカー製作費用は高額であり、費用対効果を考慮する必要があります。

販促ツールにするためのステッカー製作

企業などが販促ツールとして使うため、ステッカー製作するケースは多いです。チラシと違い、すぐ捨てられる可能性が低く、特に子どものいる家庭では喜ばれ、貼られるケースが多くなります。貼られれば、そう簡単にははがれませんから、長く消費者の目に留まります。製作費用は、チラシよりもずっと高額ですが、販促ツールは見てもらわないことには意味がありません。ステッカーには大きな効果が期待できます。ステッカーの製作費用は、以前はかなり高額でしたが、印刷通販会社の登場によって、費用はかなり下がってきています。同様にチラシ製作費用も下がってきていますから、差額はそう変わっていませんが、安く利用できるようになったこと自体に意味があり、以前よりも盛んに用いられているようです。

仲間内で利用するという使われ方も

販促ツールとしてだけでなく、個人レベルの仲間内で利用されることもあります。おそろいで持つアイテムというわけです。市販品だと、他にも利用している人はたくさんいるわけであり、オリジナルステッカーを製作して用いるケースが増えています。個人レベルでオリジナルステッカーを製作するというのは、以前はなかなか考え付かないことでしたが、現在は気軽にできることとなっています。やはり印刷通販会社の登場による影響です。オリジナルステッカーの製作は、自身でもできます。ただ、製作過程を楽しめる人でないと、うまく仕上げるのはなかなか難しいようです。初心者の段階から上達するまで、相当材料費がかかります。楽しんでやるなら、その状況でも途中で挫折せず、上達できるでしょうが、そうでない場合は、プロに依頼するのが得策です。

注文商品の納期については、土・日・祝日を除く平日のみの営業日でカウントしていただいております。 印刷通販デジタでは、専門ソフトをお持ちでないお客様にも自由にデータを作成していただけます。 納期について、注文からデータチェックまで15時までに完了すれば翌日到着も可能。お支払方法は、各種クレジットカード・代引引換・銀行振込をご利用いただけます。 ステッカーの製作・印刷おすすめサイト